04:44 2020年08月05日
経済
短縮 URL
0 03
でフォローする

29日(水)の原油価格は上昇し、WTI原油は11%高の値を付けている。

日本時間14時37分の時点で、WTI原油先物6月限は10.86%高で1バレル=13.68ドルまで値上がりした。北海ブレント原油先物7月限は2.22%高の1バレル=23.25ドル、同6月限は4.25%高の1バレル=21.33ドルで取引されている。

世界の石油市場では依然として変動が激しい状態が続いている。昨日は過剰供給と原料在庫増から懸念が表面化し、原油価格は5-20%値下がりした。

取引参加者はAPI(米国石油協会)の最新データを注視しており、それによると先週の米国の原油在庫は1000万バレル増えている。これ関する米国エネルギー省の公式情報は今晩更新される予定。アナリストらは、在庫量の増加分は1060万バレルになるであろうと予測している。

関連ニュース

原油価格3-14%安 貯蔵施設限界が急速に進む懸念から

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント