20:27 2020年05月29日
経済
短縮 URL
0 31
でフォローする

自動車メーカーのマツダは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響から、今年3月期決算で最終利益が前年比80%減となった。今年1月から3月までの3ヶ月に限ると最終損益は約200億円の赤字だった。同社が14日に発表した。

NHKの報道によれば、今年3月期の決算では同社の売上は前年比3.8%の減で3兆4302億円、最終的な利益は80.8%の減で121億円となった。

会見でマツダの古賀亮専務執行役員は、新型コロナウイルスの影響から先行きが見えない状況が続いており、従業員や取引先などの雇用と生活を守りながらも、来月も生産調整が続くことになるが、世界的な需要回復の兆しを見逃さないように準備を進めていくと語った。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント