17:27 2020年09月24日
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

フランス自動車大手ルノーは、20億ユーロ強の新たなコスト削減策の一環として、今後3年間で従業員およそ1万5000人を減らすと発表した。

ルノーによると、コスト削減の目的は、ルノーの競争力の回復及びルノー・日産・三菱アライアンスにおけるルノーの長期的な発展の確保。

ルノーは人員削減策について「再訓練のための措置、配置転換、希望退職に基づいて行われる。これは3年計画で、フランスでは約4600人の雇用に影響し、これに残りの世界の1万人を超える雇用削減が加わる」と発表した。

さらにルノーは、世界の生産能力を2019年の400万台から2024年までに330万台に縮小すると発表した。

先にルノー・日産自動車・三菱自動車は、メンバー各社の競争力と収益性を高めるための新たな取り組みを発表した

関連ニュース

タグ
日産
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント