07:43 2020年10月22日
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

北京当局は、消費促進のため総額122億元(約1868億円)分の商品券をオンライン取引プラットフォームを通じて発行する。ブルームバーグ通信が報じた。

ショッピングや飲食などに使用できる商品券は、6月6日からオンライン取引プラットフォーム「京東商城(JDドットコム)」を通じて獲得することができる

商品券は6月6日、13日、20日、27日の4回にわたって発行される。

ブルームバーグ通信によると、新型コロナウイルスの影響で北京では今年1月から4月までの小売業の売上高が20.4%減少した。中国では同様の商品券がすでに北京を除く少なくとも50都市で配布されており、その総額は60億元(約920億円)を超えている。

関連ニュース

タグ
貿易, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント