15:29 2020年07月05日
経済
短縮 URL
0 13
でフォローする

欧州はこれからの10年で原油不測に直面する恐れがある。仏非営利団体「シフト・プロジェクト」がこうした調査分析結果を発表した。

シフト・プロジェクトの分析では、原油採掘量はEUが化石燃料への依存度を克服するよりも速く減少する。これが危機の発生するリスクを高め、価格の高騰を招く恐れがある。シフト・プロジェクトの専門家らは、ロシアと旧ソ連邦共和国の原油採掘部門の状態を「体系的な減産」と性格づけている。これらの採掘部門がEU全体のエネルギー原料供給の40%以上をカバーしている。

シフト・プロジェクトの分析では、アフリカの原油採掘もこの先10年で急激に減少する。コロナウイルスのパンデミックは市場の状態を悪化させ、新たな石油プロジェクトへの投資は凍結される。大企業はこれからの1年、支出のほぼ4分の1を削減するものとみられている。

ロシア・エネルギー省のパーヴェル・ソローキン次官は、エネルギー省は1バレル40ドルから50ドルのレベルが原油価格としては妥当とする声明を表した。ビジネスコンサルティング「IHS Markit」は、エネルギー需要がパンデミック前の状態に戻るのは2021年後半になると予測している。

関連ニュース

タグ
欧州連合, 欧州, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント