20:32 2020年07月08日
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

米国連邦航空局のパイロットは、商業用運航に必要な認証を受けるため、ボーイング旅客機737MAXのテスト飛行を開始した。

昨年、この新型旅客機のプログラムの欠陥を原因とする2つの航空事故で数百人が犠牲となった。同機の認証には違反があり、簡素化されていたことが判明した。このモデルの航空機は、世界中でフライトが中止され、ボーイング社は、企業の歴史でかつてない財政面での、そして名声面での大きな打撃に直面した。これまでにこの新型タイプまたは同様の最新式旅客機を発注していた企業は、それらの使用中止を決定した。

ボーイング737MAXは、2019年3月に大量に使用が中止されて以降、はじめて米国のシアトル-モーゼスレイク便の運航が予定されたが、この日、ボーイング社が新たな訴訟を起こされたことが判明した。

ノルウェーの航空会社「ノルウェー・エアシャトル」は、ボーイング737MAX92機とボーイング787ドリームライナー5機の購入を中止した。ロイター通信によれば、ノルウェー企業の訴訟では、ボーイング社に対し、737MAX機の運航が中止に追い込まれたことと、もう一つの旅客機のボーイング787機のエンジンの欠陥に対し、損害賠償が請求された。

2019年末、欠陥機の生産は中止となったが、数ヶ月後には再開された。しかし、2020年5月に、737MAX機を含めたボーイング社の航空機の注文を航空会社がキャンセルし、その状態が継続している。

737MAX機の生産が再開されたにも拘らず、ボーイング社は、約1万2000人の同社スタッフの大量解雇を発表した。

関連ニュース

 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント