16:38 2020年08月15日
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

原油価格は2日、米原油在庫減少を受けて楽観的な見方が広まり2日連続で上昇している。

日本時間13時40分の時点で、北海ブレント原油先物9月限の価格は0.21%高の1バレル=42.12ドル。

WTI原油先物8月限の価格は0.13%高の1バレル=39.87ドル。

米エネルギー省は1日、6月26日までの1週間の米商用原油在庫(戦略備蓄除く)は720万バレル(1.3%)減少して5億3350万バレルになったと発表した。

また新型コロナウイルスの感染拡大も引き続き価格に圧力を与えている。投資家は、新型コロナの新たな波やそれに関連した制限措置が燃料需要の回復を遅らせることを危惧している。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント