14:28 2020年10月30日
経済
短縮 URL
101
でフォローする

米国における天然ガスの生産量は2020年の時点において3パーセント、2021年の時点ではさらに6パーセントのマイナスになる。米エネルギー情報局(EIA)が発表した月例短観で明らかになった。

米国における天然ガスの生産量は2019年時点で日量9220万立方フィートだったのに対し、2020年は日量8920万立方フィート(約250万立方メートル)に留まる見通し。天然ガスの価格が下落を続けていることが生産量低下の背景にはある。

2021年になると、天然ガスの生産量は日量8420万立方フィートにまで低下する見通し。ただし、2021年後半からは天然ガスの価格が上昇すると期待されていることから、生産量も回復すると専門家らは見ている。

関連ニュース

タグ
ガス, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント