13:57 2020年10月27日
経済
短縮 URL
0 20
でフォローする

4日、ソニーは今年度の営業利益が昨年比で26%減となると発表した。減益の理由として、新型コロナウイルスのパンデミックからスマートフォンの市場が縮小し、画像センサーの売上が減少したことなどが上げられた。NHKが報じた。

ソニーは、これまで「未定」としていた今年度の業績予想を発表し、価格の高いスマホの需要が今後も低迷し、画像センサーの売上が落ち込むなどを見込んでいる。そのため、営業利益は昨年比で26.7%減の6200億円との見通しを明らかにした。

ソニー 2020年3月期の純利益36.5%減
© East News / KATSUMI KASAHARA
また、今年4月から6月のグループ全体の決算は、売上が昨年同期比で2.2%増の1兆9689億円、営業利益が1.1%減の2283億円であると発表した。

全体としては、新型コロナウイルスの影響から自宅でゲームなどをして過ごす人が増えたことと、スマホなどの市場が縮小し高性能の画像センサーの売上が減少したことが反映している。

ソニーの代表は、アフターコロナを見据えた戦略の再構築の重要性を強調した。

関連ニュース

タグ
経済, 日本, Sony
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント