13:41 2020年09月22日
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

6日、トヨタ自動車は2020年4月~6月期の連結決算について発表した。新型コロナウイルスのパンデミックから販売台数が半減する中、純利益は1588億円となり、前年同期比で74.3%減という結果が示されたが、黒字を確保した。通期予想も公表され、純利益は前期比64.1%減の7300億円とされた。

販売台数の減少の中、原価の改善が図られたことで100億円、また、諸経費の増減が750億円の増益要因となったことから、全体としては営業利益は黒字となった。

販売台数では、4月~6月期の連結販売台数は前年同月比で50%減の115万8000台となった。グループの総販売台数は31.8%減の184万8000台だった。また、通期の見通しに関しては、販売台数の下方修正がされ、20万台が上乗せとなり、前期比で19.6%減の720万台、グループ総販売台数は910万台と見込んだ。営業収益と営業利益に関しては5月に公表した予想を据え置き、それぞれ前期比19.6%減の24兆円と79.2%減の5000億円とした。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント