11:45 2020年10月23日
経済
短縮 URL
0 04
でフォローする

ラテンアメリカ各国では新型コロナウイルスの拡大との闘いが続いており、近い将来、「経済の底」に落ち込むリスクがある。金融企業ゴールドマン・サックスの予想では、いくつかの地域では、第2次世界大戦以来の記録的落ち込みが発生するおそれがある。ニュース専門局CNBCが報じた。

5月に世界保健機関(WHO)は、南米が新たなパンデミックの震源地となったと発表した。

もっとも感染者数が多いのは、ブラジルとメキシコ、ペルー、チリ、コロンビア。

ゴールドマン・サックスのラテンアメリカ経済調査部責任者のアルベルト・パモス氏は、経済危機を回避できるのはようやく2021年末になってからだと予想する。

関連ニュース

タグ
経済, ラテン・アメリカ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント