12:24 2020年09月22日
経済
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国の安全環境執行局(BSEE)によると、メキシコ湾にハリケーン「マルコ」と熱帯低気圧「ローラ」が接近していることを受け、米国の石油会社はメキシコ湾の石油生産施設の57.6%を閉鎖した。

BSEEはオペレーターの報告に基づき「メキシコ湾では現行の石油生産施設の約57.6%が閉鎖している」との推測を発表した。またBSEEによると、メキシコ湾の天然ガス生産施設の44.6%も閉鎖している。

石油生産施設643ヵ所のうち114ヵ所から作業員が避難したという。

24日朝の時点で世界の原油価格は若干下落傾向を示している。メキシコ湾のハリケーンと熱帯低気圧が相場を支えているが、新型コロナウイルス第2波の脅威が需要に関する懸念を引き起こしている。24日朝の時点で、北海ブレント原油先物11月限の価格は0.13%安の1バレル=44.87ドルまで下落、WTI原油先物10月は0.24%安の1バレル=42.24ドルまで値下がりした。

先に、石油輸出国機構(OPEC)は2020年の世界の石油需要の見通しを下方修正したと報じられた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント