07:27 2020年09月26日
経済
短縮 URL
0 04
でフォローする

1日、Zoomのプラットフォームを開発したZoomビデオコミュニケーションズの株価が23.96%増加した。同社の3ヶ月の売上げは昨年同時期比で355%の増加となった。新型コロナウイルスがZoomの普及を後押しした。

Zoomのこうした収益の動きは、新型コロナウイルスのパンデミック時にソフト開発がどれだけ人気を得たかを示している。

ウォールストリート紙は、「新型コロナウイルスのパンデミックは、企業向けのニッチなアプリを、あっという間に多くの米国人が同僚や家族、友人らとコミュニケーションをとる手段に変えてしまった」と指摘した。

Zoomそのものの名は今では「ビデオ会議」としての意味を持つようになり、その人気はついにTikTokを上回った

また、米国ではZoomは形成外科での需要の増加を引き起こした。人々はカメラを通じて自分の映像を頻繁に見るようになり、自身の姿に満足しない人が増えている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント