20:40 2020年11月25日
経済
短縮 URL
0 12
でフォローする

情報技術系の調査会社「Omdia(オムディア)」が2020年の上半期で世界で最も売れたスマートフォンを調査した結果、1位は iPhone 11、2位は1位に大きく差をつけられてサムスンのGalaxy A51が入った。

iPhone 11はすでに2020年第1四半期にスマートフォンで世界最多の販売台数を記録したが、その傾向を上半期最後まで維持し、この間に3770万台が売れた。2位のサムスンのGalaxy A51は1140万台と1位に大きく水をあけている。3位、4位はXiaomiが占めた。

2020年8月、 Apple 社は再び世界で最も高額な企業となっている。

関連ニュース

タグ
iPhone, Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント