16:40 2020年09月29日
経済
短縮 URL
0 62
でフォローする

アマゾン社は従業員に対する総体的な監視システムの創設で非難された。人権擁護団体「Open markets institute」の調査員らが明らかにした。

同調査員らによれば、新型コロナウイルスのパンデミックの際にアマゾン社は、従業員の移動追跡用に人工知能(AI)を活用した特別なシステムを導入した。

同社は、休憩時間の調査と盗難予防のためにビデオ監視を行ない、さらに、アマゾン社では倉庫作業員の手に装着する腕輪が使われている。

また、同社ではドライバーに対する厳しい規則が設けられており、彼らは1000梱包に対し999梱包を効率よく配達しなければならず、それができなければ解雇させられるおそれがある。報告によれば、このことが度重なるスピード違反を引き起こし、事故を増加させている。また、報告では、アマゾン社は従業員が労働組合に団結することを妨害し、集まりを解散させ、労働者の交流を管理していると主張する。

調査員らは、これらすべてからアマゾン社の従業員らは常にストレスに晒され、解雇の脅威を感じているとの考えを示した。人権擁護団体によれば、同社は人々に身体的および精神的な悪影響を与えている。

アマゾン社のジェフ・ベゾスCEOは現在、世界で1番裕福な人物とみなされており、ブルームバーグの試算では、同氏の資産は1980億ドル(約21兆円)となる。また、同氏の元配偶者も世界でもっとも裕福な女性として認められている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント