18:56 2020年09月29日
経済
短縮 URL
0 10
でフォローする

アジア開発銀行(ADB)は15日、報告書を発表し、今年のアジアの新興国の経済は約60年ぶりにマイナス成長になるとの見通しを発表した。

報告書では「今年、アジアの新興国では約60年ぶりに経済成長が落ち込む見通しだが、コロナウイルス感染症のパンデミックによって引き起こされた低迷から地域が回復し始めるにつれ、来年は再び回復が始まるだろう」と指摘されている。

また報告書では「今年のアジアの新興国の国内総生産(GDP)はマイナス0.7%成長で、1960年代初頭以来のマイナス成長となる。2021年は幾分か比較的弱い2020年と相関するため6.8%のプラス成長となる」と述べられている。

ADBは、今年は同地域の経済の約4分の3がマイナス成長になるとの見通しを示している。

ADBは「中国は、同地域で経済の低迷を克服した数少ない経済の1つだ。成長のためのプラットフォームを提供する公衆衛生分野の措置が上手くいったため、今年の中国のGDPは1.8%増、2021年は7.7%の成長が見込まれる」と予想している。

関連ニュース

タグ
経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント