09:19 2020年10月25日
経済
短縮 URL
0 50
でフォローする

国際原油価格が暴落している。日本時間9月30日午前1時20分の時点でブレント原油12月先物価格は4.5%安の1バレル40ドル94セントに、11月先物価格もまた4.53%安の1バレル40ドル51セントの値をつけた。

WTI原油も5.12%安の1バレル38ドル52セントにまで落ち込んだ。

暴落の原因

原油市場には原料需要に対する警戒感が再び戻ってきた。コロナウイルスの感染拡大で世界経済の復興と発展に脅威感が出てきたため、これが原油価格の需要には止めをかけている。

市場への圧力をかけているのはリビア情勢に関するニュースもある。マスコミはリビアのアラビアン・ガルフ・オイル社(Agoco)が数か月に渡る封鎖を解いて、最大の油田で日量20万バレルの採掘を再開と報じている。

この他、トレーダーらは、米エネルギー省石油研究所の先週の国内備蓄量の発表待ちの状態にある。ロイター通信がアナリストらに行ったアンケート調査では、原油備蓄は増え、ガソリン備蓄は減少と予測されている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント