14:19 2020年10月30日
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

仮想通貨取引所のビットコインの保有量は、ここ1年間で280万BTC(約3兆1950億円)から240万BTC(約2兆7300億円)に減少した。コインテレグラフが、仮想通貨データ分析の「クリプトクワント」を引用し報じている。

仮想通貨アナリストのジョセフ・ヤング氏は、この現象がビットコイン価格の上昇に有利に働くと推測している。取引所からビットコインが流出しているということは、保有するビットコインを売却しようとする投資家が少なくなってきていることを示している。取引所へのビットコインの流入も、特にここ2ヶ月間で減少している。

仮想通貨
© Sputnik / Evgeniy Biyatov
考えられるもう一つの要因は、分散型金融(DeFi)の人気が高まっていること。DeFiは約10%の年利で口座を開設する機会を提供。しかし「スシスワップ」などのいくつかのDeFiでは、最初の数日間で数千パーセントのリターンを提供している。

これらのサービスのほとんどはイーサリアムをベースにしたもので、ビットコインには対応していない。

8月、中国の仮想通貨トレーダーが取引所から仮想通貨を大量に持ち出していることが明らかになった。

関連記事

タグ
仮想通貨・暗号通貨
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント