15:45 2020年10月20日
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

国際エネルギー機関(IEA)が毎年発行している「世界エネルギー展望(World Energy Outlook:WEO)」では、新型コロナウイルス危機の影響下にある2020年の世界の石油需要は前年比8%(日量800万バレル)減少するが、2023年までに「危機前」のレベルまで回復すると述べられている。

IEAは、石油需要は数十年間にわたって継続的に増加し、景気悪化時に時折増加が止まっただけだが、新型コロナウイルス感染症は市場に打撃を与え、1年間で10年近くの成長を消し去ったと指摘している。WEOでは「2020年の石油需要は2019年比で日量およそ800万バレル減少する可能性がある」と述べられている。IEAによると、これは前年比8%減となる。

またIEAは「2021年の石油需要は日量500万バレル増加し、2023年頃までに危機前のレベルに戻る。その後、石油需要は2030年まで毎年平均で日量70万バレル増加する」と伝えている。

続けてIEAは「2030年からはプラトー(停滞期)に入り、年間成長率は日量10万バレルとなる」と主張している。

IEAによると、石油需要は2019年の日量9790万バレルの水準から2025年には9990万バレルに、2030年には1億320万バレル、2040年には1億410万バレルに達する。

なお、IEAは石油輸出国機構(OPEC)と同じく、先進国と新興国では異なった動きになると予想している。

関連ニュース

世界の9月稼働リグ台数 記録的な大幅減少

タグ
OPEC, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント