13:11 2020年11月24日
経済
短縮 URL
0 71
でフォローする

20日、米国はGoogleを反独占法違反で提訴した。ロイター通信が情報筋を引用して報じた。

ロイター通信によれば、法務省はGoogle社がライバル企業を封じ込めるために市場での自社の地位を利用し、法に違反したと疑っており、そのことで消費者らに損害を与えたと見ている。

AP通信は、今後、AppleやMicrosoft、Facebookを含めた他の大手通信企業に対して訴訟が起こされる可能性を予想している

Google社は、長期に渡って競争の抑制を疑われている。米国のドナルド・トランプ大統領は、保守派の観点を抑制したとしてGoogleを批判していた。

関連ニュース

タグ
米国, Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント