20:56 2020年11月30日
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

日本の航空大手、ANAホールディングス株式会社(エーエヌエーホールディングス)は2021年3月までの1年間の業績予想を公表。グループ全体の最終的な損益は過去最大の5100億円となる見通しを明らかにした。NHKが伝えている。

同社は、航空需要の低迷の長期化に備え、財務基盤の強化を目的に金融機関から「劣後ローン」で4000億円の融資を受けることを明らかにした。

新型コロナウイルスの影響により日本航空各社で国内線、国際線ともに利用者が大幅に落ち込んでいる。

関連ニュース

タグ
経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント