09:33 2020年11月25日
経済
短縮 URL
0 61
でフォローする

26日の1日で世界の億万長者10人の全資産が170億ドル(約1兆7800億円)減少した。新型コロナウイルス第2波の脅威の拡大から、26日は米国株式市場にとって9月以来最悪の日となった。フォーブス誌が報じた。

米誌フォーブスのリアルタイム世界長者番付のランキングトップ10内で唯一資本が影響を受けなかったのはアマゾン社ジェフ・ベゾスCEOだった。同氏は1億4400万ドル(151億円)の利益を得て、1887億ドル(約19兆7000億円)となった。

世界で2番目に裕福な人物でありLVMH取締役会長のベルナール・アルノー氏をはじめ、ランキングしている他の億万長者らは170億ドル超の減少となった。アルノー氏自身とその家族は17億ドル(約1779億円)の減少となった。第3位のビル・ゲイツ氏もまた17億ドルの損失。またマーク・ザッカーバーグ氏は28億ドル(約2930億円)減少した。

26日、米国での新型コロナウイルスの感染者数の急激な増加を背景に、株式市場指数の崩壊が発生した。1日の感染者数は過去最大を記録した。

関連ニュース

タグ
マーク・ザッカーバーグ, ビル・ゲイツ, Amazon, facebook
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント