00:24 2021年06月25日
経済
短縮 URL
0 41
でフォローする

億万長者のジャック・マー氏が創業した中国の大手インターネットコマース企業アリババグループが、企業内のコミュニケーションの際に役職名の使用を中止する国際プロジェクトを発表した。役職の代わりにスペシャライゼーションが表示されることとなる。ロシア国内のアリババグループ子会社「Cainiao Network」の代表を引用し、ロシアメディアが報じた。

同社によれば、アリババが実施したテストは、スタッフらの会話がスムーズになりはじめ、チャットを通じて上司に直接意見を述べる頻度がより少ないことを示したという。

2020年、グループのスタッフらは、新型コロナウイルスのパンデミック時のリモートワークにより、オンラインの利用頻度がより高くなった。グループ対話のプロセスは、役職の表示はデイスカッション全体にネガテイブな影響を与えることを示した。スタッフらが直接上司と意見交換をする場合、彼らのイニシアティブは低くなる。

新しいルールにより、スタッフらは企業メッセージや内部サイト、またはメールで役職名に代わり職務名を目にすることになる。たとえば、「マーケティングディレクター」は、「マーケティング」と記載されることになる。

また、Cainiao Networkによれば、アリババグループは公開性を追求しており、すべてのスタッフが企業メッセージを通じてCEOをはじめとするあらゆる上司と連絡を取るこちができるという。

関連ニュース

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント