20:49 2020年11月30日
経済
短縮 URL
0 23
でフォローする

サイバー犯罪による世界経済の損失が2030年までに90兆ドル(約9340兆円)に達する。5日、全ロシア警察協会のユーリ・ジダーノフ会長が世界経済フォーラムのデータを引用し明らかにした。

同会長によれば、サイバー犯罪によって世界経済が被る損失は毎年増加しているという。この被害は2030年までに現在の世界のGDPの規模に匹敵する。

ジダーノフ会長は、現在、約150万人がインターネットで少なくとも1つの犯罪行為を行っていると強調した。また、2021年までにその数は200万人にまで増加する。

また、同会長によれば、ロシアでも同様にサイバー犯罪による損失の増加傾向が見うけられるという。この3年でサイバー詐欺によって1300億ルーブル(約1740億円)の被害が発生している。

2019年、国連総会でロシアが提案したサイバー犯罪決議が採択された。

関連ニュース

タグ
ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント