19:49 2020年11月30日
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

欧州連合(EU)が独占禁止法違反でアマゾン社を公式に非難した。欧州委員会で競争問題を担当するマルグレーテ・ベステアー委員が公式に発表した。

同委員によれば、アマゾン社はEUの独占禁止法に違反したことで非難されている。欧州委員会は、アマゾン社(他のバイヤーにとって同社プラットフォームが同時にバイヤーとオペレーターとしての役割を果たすことで)は、販売の際に集められた非公開データを利用し、自社製品とサービスを提供したという中間的結論に至った。

グーグル
© AFP 2020 / Johannes Eisele
EUの調査データによれば、アマゾン社は、自社プラットフォーム上の販売者データを収集・分析し、彼らと競争するためにそれらを活用しているという。たとえば、製品に需要がある場合、アマゾン社は独自のブランドとして同じような製品の販売を始め、さらに時にはより低下価格で提供する。特に、このようにして同社は、EU市場の最大セグメントであるフランスやドイツで支配的地位を得ている。8月、アマゾン社がスウェーデンでの営業も予定し、新たな市場へ進出する用意をスタートさせた。

また、同社の独占禁止法違反に関する正式な調査が独自に取り組まれている。この調査は、アマゾン社がプラットフォーム上の自社製品とその販売者に特権を与えているかを明らかにすることを目的とする。これら販売者らは個別にアマゾン社のロジスティクスとその配送サービスの支払いを行っている。

ベステアー委員は、アマゾン社のような大手市場参入企業が自社の分野で競争を阻害しないよう保証する必要があると表明した。

10月、欧州議会の議員らは米企業アマゾンのジェフ・ベゾスCEOに対し、同氏が欧州当局を監視するために諜報員を雇っているかを確認する書簡を送付した。

関連ニュース

タグ
欧州連合, Amazon
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント