14:36 2020年11月29日
経済
短縮 URL
0 15
でフォローする

17日の東京株式市場で日経平均株価は2万6000円台を回復した。取引時間中に2万6000円台を回復したのは1991年6月以来、29年ぶり。日本経済新聞が報じている。

米バイオテクノロジー企業「モデルナ」は16日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンに関して、有効性は94.5%との暫定結果を発表。これを受け、感染収束による経済回復への期待が高まったとして前日の米国株式相場は大幅高となり、ダウ平均株価は過去最高値を上回る2万9950ドルで取引を終えた

これを受け、17日の東京株式市場でも株価が上昇。日経平均株価は、29年ぶりに2万6000円台を回復した。

FNNプライムオンラインによると、市場関係者は「ワクチンの供給はまだ先となるため、いつ調整が入ってもおかしくない相場だ」との見方を示しており、その後値下がりに転じた。

17日の日経平均株価、午前の終値は、16日に比べ、6円48銭高い、2万5913円41銭だった。

関連ニュース

タグ
金融, 経済, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント