09:39 2021年01月28日
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

コロナウイルス用ワクチンのニュースから原油価格がこの数ヶ月で最大の高騰を示した。ロンドン国際石油取引所の取引データから明らかになった。

日本時間17時22分時点で北海ブレント原油先物1月限の価格は、2020年9月2日以来1バレル46ドルの高騰を示した。WTI原油先物1月限の価格は43ドル31セントとなり、これも数ヵ月ぶりの値上がりとなった。

価格の高騰は、英国のアストラゼネカ社が、同社の新型コロナ用ワクチンの中間報告で70%~90%の効果が示されたという発表の後に生じた。

この他にも22日には現職の米国大統領ドナルド・トランプ政権でワクチンの開発計画顧問を務めるモンセフ・スラウイ氏が米国でのワクチン接種は12月11には開催される見通しであると発表している。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント