02:03 2021年01月26日
経済
短縮 URL
0 41
でフォローする

ロシアは2020年9月、中国に液化天然ガス(LNG)を8億9900万立方メートル供給した。これは、前年同月比の2倍に相当する。ロシアメディアが中国の税関に関する統計データを引用して報じている。

また、ロシアの中国へのLNG供給量は過去最高を記録した。中国におけるロシアのLNG供給量は9月、1位のオーストラリアに次いで2位となった。一方8月ではロシアは、オーストラリア、カタール、インドネシア、マレーシアに次ぐ第4位だった。

中国のガス田は、国内の燃料需要をカバーできていない。そのため中国政府は、国外から燃料の輸入を行っている。シベリアを走る露中間のパイプライン「シベリアの力」の運用が2019年に開通したことによって、ロシアは同年、中国市場に参入できることとなった。2018年以降、ヤマル半島(ロシア北部)の油田で採掘されたLNGの輸送は、ロシアのノヴァテク社のタンカーが行っている。

関連ニュース

タグ
経済, 中国, ロシア, ガス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント