09:38 2021年01月28日
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

フェイスブック社の仮想通貨Libraの登場が国有通貨にとっての脅威となるおそれがあると欧州中央銀行(ECB)が指摘する。

欧州中央銀行(ECB)理事のファビオ・パネッタ氏は、Libraユーザーは高いクレジットおよび市場のリスク、また流動的なリスクを負うことになり、一方でトーケンのリリースは「潜在的なシステム上の悪影響」となるおそれがあると表明した。

パネッタ氏は、2021年1月に予定されるファイスブック社の仮想通貨のリリース後に、ECBは「改めてソブリンマネーの検討」が求められることとなると強調した。

また同氏は、現在、デジタルユーロのリリースについての実験が行われていると述べた。

27日、フィナンシャル・タイムズ紙は、フェイスブック社が来年1月には自社仮想通貨を発表する可能性があると報じた。

関連ニュース

タグ
経済, 仮想通貨・暗号通貨
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント