00:56 2021年09月27日
経済
短縮 URL
0 32
でフォローする

米当局は、中国のByteDanceが運営する動画投稿アプリTikTokの米国事業の売却期限を延長しない方針。売却期限は4日となっていた。ロイター通信が消息筋を引用して報じた。 

先週、対米外国投資委員会は、TikTokの米国事業の売却期限を12月4日まで延長することを認めた。

消息筋によると、当局は売却期限を延長しない方針で、トランプ米大統領が個人的に延長しないことを決めた。一方、ByteDanceと米政府は、TikTokの売却をめぐる交渉を今後も続ける見通しだという。

ロイター通信によると、米財務省報道官は、対米外国投資委員会は「資産の一部売却の完了と、国家安全保障リスクを除去するために必要なその他の取り組みのためにByteDanceと協力している」と発表した。

先に、米商務省は、ByteDanceが米国の国家安全保障上の問題を解決しない場合、11月12日から米国内でTikTokの利用を禁止すると発表したが、その後、当局は期限を延長した。

タグ
TikTok, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント