03:34 2021年01月26日
経済
短縮 URL
0 22
でフォローする

2014年3月のウクライナ問題に関連してEUが導入した対ロシア制裁は、EU経済にとって毎年210億ユーロ(約2兆6552億円)の損失をもたらしているという。デュッセルドルフ商工会議所が9日、公式サイトでプレスリリースを発表した。

ソウル特別市(アーカイブ写真)
© Sputnik / Alexey Zhidakov
デュッセルドルフ商工会議所のグレゴール・バーグハウゼン常任理事は、商工会議所の依頼で実施されたミュンヘン経済研究所「Ifo」の調査結果についてコメントし、「対ロシア制裁はドイツ経済にとって毎年54億5千万ユーロ(約6890億円)の負担になり、EU全体では210億ユーロの損失となる」と語った。

今回の調査の一環として行われた聞き取り結果によると、対ロシア制裁で打撃を受けている分野は加工業、機械製作、自動車製造、化学産業。制裁が解除された場合、メリットを得るのはロシアとドイツであり、Ifo研究所のリサンドラ・フラフ対外経済担当部長は「制裁解除で勝ち組となるのはプロセスに関わる全ての国で、まずはロシア。ドイツは全国で経済的メリットを得るが、特に東部のメリットが大きい」と語る。

今後も対ロシア制裁が続けば、すべてのプレーヤーにとって経済状況の悪化が進むだけであろう、と報告では強調されている。

関連ニュース

タグ
対露制裁, 制裁
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント