07:19 2021年01月27日
経済
短縮 URL
0 20
でフォローする

世界銀行はこの先2年の原油価格予測を出し、2021年は1バレル44ドルまで、2022年は50ドルまで値上がりするだろうと発表した。この原油価格予測はロシア経済についてのレポートの中で出されている。

レポートには「原の平均価格は今年2020年は1バレル41ドルに、2021年は最高で44ドルに、2022年には50ドルにまで上昇する」と書かれている。

世銀の専門家らは、原油価格の予測で一番のリスクはこの先、どれくらい長期で重いレべルのパンデミックが続くかということと、安全かつ効果の高いワクチンの開発と普及の速度によると見ている。

「より厳しい自主隔離、移動制限の発令につながる感染レベルが、この先どこまで上がるか。これが他の種類の原料への需要よりも原油需要のレベルに一層強く影響してくる。ワクチンが今、考えられているよりも迅速に普及した場合、2021年の原油需要はより著しく上がる可能性がある。」

世銀は、パンデミックはいかなる場合も地球規模的な原油需要に長期的な作用を及ぼすと強調している。2021年末までの原油需要は、COVID-19の拡大前に示された傾向よりも5%低い状態が維持される。

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント