11:02 2021年04月19日
経済
短縮 URL
0 22
でフォローする

中国規制当局は億万長者のジャック・マー氏が創業した中国の大手インターネットコマース企業アリババグループに対して、市場での独占的慣行の疑いで調査を始めた。中国中央テレビが24日、伝えた。

報道によると、中国規制当局は関連企業のアント・グループを金融規制に関する会合に呼び出した。

これより前、中国政府はジャック・マー氏に対し、同氏の金融企業「アントグループ」の株式公開(IPO)が突然取り消された後に、同国領内から離れないよう要請していたと報じられていた。11月3日に中国政府は、世界最大手となる可能性のあったアントグループのIPOを停止した。アントグループは344億ドル(約3兆5600億円)の調達を見込んでいた

関連記事

タグ
経済, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント