11:42 2021年06月14日
経済
短縮 URL
0 52
でフォローする

今後数年間において中国の経済成長率が幾分低下することが予想されている。しかし、中国は対外経済関係の維持よりも国内の開発に焦点をあてており、状況を有利に転換することができると、全ロシア対外貿易アカデミーの国際経済金融研究所のアレクサンドル・クノベル所長は推測している。

クノベル所長は、「これが中国が世界有数の経済大国である理由だ。中国がどのような行動をとらないにせよ、どのような政策を完了しないにせよ、中国は常にチャンスであると同時に脅威でもある。今や中国は投資をしなくなり、20〜30年前のように積極的に世界経済に組み込まれなくなることがリスクとして認識されている」と指摘している。

同所長によると、中国が統合され、積極的に世界の地域経済に投資するようになったとき、それはリスクとして見られていた。中国による他国への投資は、その投資比率が高い。そのため、そのコストが中国への依存度を高めることにつながると言われていた。

クノベル所長は、以下のように述べている。

「この考えだと、おそらく、我々は本当に今後数年後に中国の成長率が幾分減少すると予想することになる。しかし中国は対外経済関係を維持しながら、より国内の開発に焦点を当てている。ならば、彼らは状況を有利に転換することもできる。もし中国側にそのような余地があれば、それほど積極的ではないアプローチを使用すると私は考えている」

タグ
経済, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント