07:47 2021年01月27日
経済
短縮 URL
0 10
でフォローする

世界銀行は5日、最新の世界経済見通しを公表し、2021年の世界における経済成長率を2020年6月に示した4.2パーセントから4パーセントにまで下方修正した。ただし、新型コロナウイルスの感染拡大が続き、ワクチン供給が順調に進まなければ1.6パーセントにまで落ち込むと指摘した。

世界銀行は新型コロナウイルスのワクチン接種が2021年全体を通して世界で幅広く実施される場合、世界経済の成長率は4パーセントにまで回復するとの見方を示した。2020年の世界経済成長率はマイナス5.2パーセントから0.8ポイント上方修正し、マイナス4.4%と見込んでいる。

世界銀行の評価によると、2020年におけるクローバル経済の落ち込みは当初の予想よりも比較的軽度で済んだという。先進国における経済成長率の低下が予想よりも抑えられたほか、中国経済の積極的な回復が要因として指摘されている。

なお、世界銀行は新型コロナウイルス感染者の増加が続き、ワクチン供給が遅れるというシナリオで2021年の世界経済成長率は1.6パーセントにとどまると指摘した。

世界銀行は米国の成長率について、2021年は4パーセントから3.5パーセントの成長に下方修正。ユーロ圏は4.5パーセントから3.6パーセントの成長に下方修正。中国は6.9パーセントから7.9パーセントの成長に上方修正。ロシアは2.7パーセントから2.6パーセントの成長に下方修正。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, 経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント