21:18 2021年01月16日
経済
短縮 URL
0 81
でフォローする

国営エネルギー企業「ガスプロム」のアレクセイ・ミレル社長は、2020年に稼働を開始したガスパイプライン「トルコストリーム」がこの1年間で、輸送量を2.2倍拡大したと明らかにした。またそれによれば、欧州諸国への輸送も2.5倍増加した。

ミレル社長は、「トルコストリーム」の開通式から1年に際し、プレスリリースを発表し、その中で、ガスプロムは稼働開始から、「トルコストリーム」の輸送量を2.2倍に増加させ、欧州の消費国への輸送量を2.5倍増加することができたと明らかにした。

またミレル社長は、現在、「トルコストリーム」が黒海を通過し、ロシア産の天然ガスをトルコを始め、ブルガリア、ギリシア、北マケドニア、ルーマニア、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナの欧州6カ国へのガス供給を安定的に行っていると指摘し、トルコ、ギリシア、北マケドニアは2020年に「ガスプロム」からの天然ガスの購入量を増やしたと強調した。

関連ニュース

タグ
ロシア, 経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント