08:43 2021年01月28日
経済
短縮 URL
0 22
でフォローする

Appleと韓国の現代自動車(ヒュンダイ)は電気自動車iCarの3月からの生産開始についての合意締結を行う。ロイター通信がKorea IT Newsの報道を引用して報じた。

韓国のマスコミ報道では、Appleと現代自動車が計画しているのはAppleの「ベータ版」の自動車製造で、来年2022年にも製造が開始され、工場での大量生産の開始は2024年にターゲットが絞られている。

計画ではEVの製造は米ジョージア州にある現代自動車の子会社の起亜自動車工場で行われる。年間生産は最高40万台をめざし、新工場への投資はApple、現代自動車の双方が行う可能性が検討されている。

先週、現代自動車は自らAppleとの協力を発表しながらも、その後、最初の発表を改訂し、EV開発の潜在的パートナーらが自社と連絡をとってきたとのみ表し、Appleの社名を発表から削除したことは注目に値する。

現代自動車の改訂版の発表は以下の通り。

「電気自動車開発について、複数の企業から潜在的協力についての要請を受け取っている。検討が初期段階にあるため、いかなる決定も採られていない。」

現代自動車がAppleと協力関係を結ぶのではないかというニュースが流れると、現代自動車の株価はおよそ20%も急上昇し、時価総額は80億ドル分増大した。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント