13:23 2021年03月08日
経済
短縮 URL
0 50
でフォローする

米イェール大学のエコノミストでモルガン・スタンレー・アジアの元会長スティーブン・ローチ氏は、2021年末にはドルが3分の1に下落し、さらに弱くなるとの見解を示した。この問題の主たる原因について同氏がブルームバークの記事の中で明らかにした。

ローチ氏は、3つの主たる原因を指摘し、これらがドル崩壊を引き起こす可能性があると語った。

  • 米国の収支バランスにおける現在の運用での急激な赤字増加
  • ユーロ相場の増大
  • あらゆるドルの弱体化に対する連邦準備制度の不本意

報道によれば、同様にコロナウイルスのパンデミックの長期化と景気後退の境界にある経済状況から貨幣の状況は弱まっている。現在の状況は、さらにもう一つ効果的な経済援助での政策パッケージの提案を米国当局に強いている。

ローチ氏は、「米国には貯蓄が足りていない」とコメントした。

また、同氏によれば、現在、国内の純粋な貯蓄率は過去の統計データの中で最低水準に落ち込んでいることから、米国経済は外貨頼みとなっているという。

昨年の12月、ドルは他の外貨との関係で数年ぶりに安値になったと報じられた。

タグ
経済, ドル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント