10:07 2021年02月28日
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米ニューヨーク商品取引所(Comex)では14時12分現在(日本時間)、3月の銀先物は2.76%下落し、1オンスあたり28.605ドル(約3000円)。4月の金先物は0.35%下落し、1トロイオンスあたり1857ドル(約19万4900円)となった。

銀価格は、4日間急伸した後に反落した。この間に銀価格は15%上昇し、1オンス30ドル(約3150円)を突破。約8年ぶりに最高値を更新した。


銀価格の上昇

銀価格の急激な上昇は、米ネット掲示板レディットの個人投資家グループが銀の購入を行ったことによる。同グループは、以前にも多くの米国企業の株価を「引き上げた」ことがある。この動きにより、まず銀の採掘会社の株価が急に上昇し始め、それはその後の銀の先物価格に反映されることとなった。

関連記事

ゼネラル・モーターズ株が史上最高値 空飛ぶキャデラック発表で株も天空へ

タグ
経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント