06:33 2021年06月25日
経済
短縮 URL
0 34
でフォローする

欧州経済の大企業の工業セクターは2020年12月、中国からの需要が幸いして大幅な縮小を免れた。ロイター通信が報じた。

独連邦統計局の調べによれば、独工業生産は11月に1.5%成長を遂げた後、12月中もその成長率が維持された。

VP Bankのエコノミスト、トーマス・ギトツェル氏は「独の工業部門は過去数か月、比較的良好な結果を示している。これは基本的に中国の経済がうまく稼働しているおかげだ」と分析している。ロイター通信が同氏の指摘を引用して報じた

ギトツェル氏は、「中国が生産拡大を行えば、ローカル(ドイツ)の工業生産も同じく拡大していく」と指摘し、「独自動車産業は中国からの収益のおかげで首位を維持している」と述べている。

こうした一方で2020年を通じた加工セクターの生産は8.5%落ち込んだ。

先月、独政府は2021年のGDP成長率予測を3%まで下げている。2020年秋の独のGDP成長率は4.4%の水準。これは独経済がパンデミック前の状態に戻るにはおそらく2022年半ばまでかかることを示している。

関連ニュース

タグ
中国, 経済, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント