16:33 2021年03月08日
経済
短縮 URL
0 02
でフォローする

最も人気のある仮想通貨「ビットコイン」の価格は、数日後に7万ドル(約733万円)に達する可能性がある。この現象は、米テスラ社がビットコインに投資し、同社が製造した車について、ビットコインでの支払いを受け入れるというニュースを背景に起こるという。このような意見を、ロシアのIT企業「デジタル・プラットフォームズ」の代表、ウラジスラフ・オブシンスキー氏がスプートニクに語っている。

イーロン・マスク氏が率いるテスラ社が8日、15億ドル(約1570億円)をビットコインに投資したことが明らかになった。また同社は近い将来、ビットコインでの支払いを受け入れる予定であると発表した。これを受けビットコイン価格は9日、数時間で4万8000ドル(約502万円)を突破し、過去最高値を更新した。

20以上の仮想通貨取引所での平均価格を算出するCoinMarketCapによると、ビットコイン価格は、日本時間15時59分時点で22.93%上昇して4万7671ドル(約499万円)となった。また、取引量が世界最大の仮想通貨取引所バイナンスでは、ビットコイン価格は23.28%増の4万8119ドル(約504万円)。これら値動きは、この24時間内で起きている。

オブシンスキー氏は、「ビットコインでテスラ社製の車を購入できるというニュースによる『爆弾』でビットコイン価格は数日で7万ドルを『通過する』可能性がある」と述べた。

関連記事

タグ
仮想通貨・暗号通貨, ビットコイン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント