18:59 2021年03月08日
経済
短縮 URL
筆者 :
0 40
でフォローする

米ウォルト・ディズニー社は新型コロナウイルスの感染拡大による経済的影響の結果、『アイス・エイジ』シリーズや『ブルー 初めての空へ』といったヒット作を手掛けた制作会社、ブルースカイ・スタジオの閉鎖を決定した。ブルームバーグが企業側の発表を引用して報じた。

ウォルト・ディズニーは長期にわたって検討した結果、ブルースカイ・スタジオを閉鎖する「苦渋の決断」を下した。このスタジオでは『アイス・エイジ』シリーズ『ブルー 初めての空へ』といったヒット作がこれまで制作されてきた。

ブルームバーグによると、新型コロナウイルスの影響はウォルト・ディズニー社も直撃したという。テーマパークの来客数が激減したことにより経営が悪化し、新作映画の制作にも遅れが生じているとのこと。

関連ニュース

タグ
経済, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント