02:45 2021年03月07日
経済
短縮 URL
0 10
でフォローする

2021年に中国ではネット取引の総額が各種の全取引の半数を上回り、52%にまで到達する可能性がある。市場調査会社eMarketerの報告で明らかとなった。

中国は電子商取引がオフライン販売の総額を上回る世界初の国となる可能性がある。2020年に中国のオンライン取引額は45%に達した。

また、eMarketerによれば、この分野で中国に続くのは韓国で、2021年には同国のさまざまな取引総額の割合が約30%になることが予想される。

昨年11月、アジアの15ヶ国が世界最大の自由貿易区域を創設したことが報じられた。

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント