01:28 2021年06月25日
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

アップル社が昨年第4四半期のスマホ販売数でサムスン電子を抜いて首位となった。スマホ販売数の1位は2016年以来となる。調査会社Gartnerがデータを公開した。

Gartnerによると、2020年10月から12月にかけてのアップルのスマホ販売数は約8000万台。四半期のスマホ市場の同社シェアは20.8%だった。2019年同期比で14.9%の伸びを見せた。

Gartnerのアップル担当首席アナリスト、アネット・ジンメルマン氏は、アップル好調の理由は5GiPhoneの発売だったと説明する。iPhoneの5G対応を待ちわびていた多くのユーザーがようやく古い機種を買い替えたと見ている。同氏によると、アップルの上向き基調は2021年第1四半期も続くという。中国の旧正月と、経済の回復具合により期待できるとしている。

一方でサムスンは2位に転落。販売数は6200万台で、市場の16.2%を占めた。3位は中国シャオミ、4位は同Oppoだった。

タグ
サムスン, Apple, iPhone
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント