00:16 2021年04月24日
経済
短縮 URL
0 51
でフォローする

26日の日経平均株価は急反落し、前日比1202円26銭(3.99%)安の2万8966円01銭で取引を終えた。日本経済新聞が報じている。

終値での2万9000円割れは2月5日以来。25日の米市場で長期金利が上昇したことから、警戒感が広まり売りが続いた。

ロイターによると、2日前の24日、日経平均が反落し3万円を割りこんだ。当時、東京株式市場では「短期急騰による過熱感を冷ます動きが継続している。(中略)この先全面的な売りとなる可能性がある」との声が聞かれた。

翌25日には日経平均が大幅反発し、3万円台を回復した。24日の米株式相場が大幅に上昇し、東京市場でも運用リスクをとる姿勢が強まった。また、円安・ドル高の進行も支援材料となったという。

タグ
経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント