22:39 2021年04月20日
経済
短縮 URL
0 105
でフォローする

バンク・オブ・アメリカのアナリストは、2035年までに中国経済が世界を支配すると予想した。専門家はこの時点までに中国経済は2倍化し、米国を追い越すと予想する。米メディアCNBCが報じた。

報道によれば、GDPの2倍化には中国には15年間で毎年平均4.7%の成長が求められる。一部の専門家はこの達成は困難だとするが、「BofA Global Research」社のアジア経済部門責任者のヘレン・チャオ氏は、一連の改革がこうした目標を達成する力となると考えている。

同氏の予想では、中国は自国のGDPを2倍化するだけでなく、2027年から28年までに世界最大の経済大国である米国を上回るという。 2020年に中国経済は2.3%の成長を示した。国際通貨基金(IMF)の予想によれば、今年、この割合は8.1%の水準に達するいう。

一方で2020年に米国経済は3.5%の下落となった。IMFは2021年に米国のGDPは5.1%の成長を示すと予想する。

タグ
米国, 中国, 経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント