01:31 2021年04月21日
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

その人物は分散型取引所ユニスワップで、アリスのトークン4000枚を約31.5ドル(約3440円)のレートで売ろうとしていた。しかし取引での換金性が低いため、アリスの平均販売価格は市場価格を大きく下回る約8.5ドル(約930円)だった。そのため、この売却時のトークンの原価が12万6000ドル(約1376万円)であるのに対し、その人物は3万3500ドル(約366万円)しか受け取れないことになってしまった。

この大金の売却により、ユニスワップでのアリスの価格は一瞬にして73%急落して8.5ドルとなった。

その後、アリスの価格は約31ドルと以前の価格に戻った。

関連記事

タグ
仮想通貨・暗号通貨
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント