01:04 2021年04月21日
経済
短縮 URL
0 20
でフォローする

日本時間3月19日午前4時35分の時点でブレント原油の5月先物価格は9.07パーセント値下がりし、1バレルあたり62ドルを下回った。

ブレント原油の価格は61.83ドルまで値を落とし、2021年2月12日以来の安値となった。WTIの4月先物価格は9.15パーセント急落し、1バレルあたり58.69ドルとなった。

急速な原油安を受けてロシアの通貨ルーブルも売りに転じ、1ドルは前日より67コペイカ高い74ルーブル31コペイカとなった。1ユーロは32コペイカ高い88ルーブル55コペイカとなった。

先にOPECプラスの会合が開催され、各国はロシアとカザフタンを除き、現在の原油採掘水準を維持することで合意した。これを受け、世界の原油価格は急速な値上がりに転じていた。

関連ニュース

タグ
石油, OPEC, 経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント