11:23 2021年08月06日
経済
短縮 URL
0 20
でフォローする

英ロンドンの裁判所は、WhatsAppメッセンジャーで行われた投資助言に対する報酬72万7000ドル(約7900万円)を顧客らに返金するようトレーダーに命じた。返金された資金は顧客たちに分配される。ブルームバーグが報じた。

調査を行った英金融行動監視機構(FCA)によると、24HR Trading Academy Ltdの責任者モハメド・ファウド・ハッジャ・マイディン・マリカー被告は、規制当局から承認を得ずに複数のクライアントに「取引シグナル」やその他の投資助言をWhatsAppで送った。 

FCAは、マリカー被告もその会社も投資について助言する権限がなく、今回のケースでは顧客に重大な損失をもたらすリスクがあったと強調した。

法廷でマリカー被告は、メッセージで市場行動の基本を人々に教えたかっただけだと主張した。被告の弁護士は、被告人は裁判所の決定に対して上訴すると発表した。

関連ニュース

タグ
経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント