20:31 2021年08月02日
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

日本の富士フイルムホールディングスは31日、約20年にわたり同社を率いた古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO)が退任する人事を発表した。6月の定時株主総会および同総会終了後の取締役会において正式決定する。古森氏は最高顧問に就く予定。

古森氏の下で富士フイルムは大規模なリストラや生産体制の再編を行い、医療機器の開発及び生産市場や医薬品市場に参入し、確固たる地位を築いた。

古森氏は、国内外の写真やフィルム市場が急速に衰退し始めた2000年に社長に就任した。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント